可愛い我が子のベビーベッドはレンタルで購入しよう

贈り物の購入準備として

赤ちゃん用品

ベビーグッズをプレゼントする際に迷うのであれば、直接聞いておくと、確実に喜ばれるものが贈ることができます。それが無理なら、少なくとも相場を調べておきたいですし、赤ちゃんの性別がわからないなら、どちらでも問題ないものを選びましょう。

Read More..

ミルクをあげるタイミング

お水

赤ちゃんが母乳やミルクから離れて、水を飲ませても良いタイミングは、生後三ヶ月から半年くらいなので、様子を見ながら与えてみましょう。いきなり水道水を飲ませるのが難しいなら、沸騰させておくか、ウォーターサーバーを利用すると良いです。

Read More..

幼児ベッドの貸出サービス

眠る赤ん坊

赤ちゃんが生まれたら必ずといって必要になるのがベビーベッドであり、実際多くの人が赤ちゃんが生まれたら購入してますが、最近は購入せずにレンタルする人が増えています。ベビーベッドを購入せずにレンタルするメリットは、まず第一に費用を抑える事が出来るという点です。ベビーベッドのレンタル料金はベッドの種類によって異なりますが、1台1ヶ月あたり数千円というのが相場です。借りる期間が長期間の場合、購入する方が安くなる場合もありますが、借りる期間が短期間であれば購入するより費用は安くなります。また、レンタルするもう一つのメリットは、必要なくなった段階で返却できるので自宅に荷物が増えないという点です。購入した場合、使用後は自宅に置いて置くか粗大ごみとして廃棄する必要があります。

ベビーベッドのレンタルの仕組みは単純であり、レンタル業者と契約して料金の払い込みを行うとベビーベッドを借りる事が出来るというものです。契約期間は様々であり、1年契約というものもあれば、1ヶ月契約で延長が必要であれば随時契約を更新するというものもあります。一般的には初期の契約期間が長いほど1日あたりのレンタル料金は安くなり、契約期間が短いほど1日あたりのレンタル料金は高くなる傾向があります。契約期間が満了したらベッドは業者に返却をする必要がありますが、多くの業者は業者が回収に来てくれるため、レンタルした人が業者に出向いて返却する必要はありません。但し、業者によっては訪問回収については追加料金を取る所もあります。

外出に不可欠です

親子

ベビーカーはタイプの異なる2台を、時と場合によって使い分けると赤ちゃんとの外出がぐっと快適になります。対面式のものは赤ちゃんの様子が確認しやすいので、月齢の小さいうちは対面式の方が安心感があります。座面の高いベビーカーは、アスファルトの照り返しや土ぼこりなどから赤ちゃんを守ることができます。

Read More..